左手のカッピング

スライスはクラブパス(ヘッドの通り道)に対してフェースが開いていることで、ボールのスピン軸が右へ傾くために起きるミスショットです。左のカッピングをするとフェースが開いてしまうためスライスが掛かります。

カッピングとは?

カッピングとは手首を甲側へ折る動作のことを言います。逆に、平側へ折ることを手首が弓なりになることからボウイングと言います。カッピングをするとクラブフェースはロフトが増えて、かつフェースが開く傾向があります。

ダウンスイング中にこのカッピングが起こることによってフェースが開いてしまうことが多いようです。

改善方法

原因がカッピングの場合、対策としては左手の手首を平側へ折ることです。手軽な練習方法はグリップエンドをいくらか余らせて、グリップエンドが自分の体よりも常に左を差すようにしてスイングをすることです。グリップエンドが自分、または右を差すと手首はカッピングしていきます。