【新着動画】左サイドの詰まりを治す方法

4月23日(金):新着動画を公開しました!!

左サイドってそもそも大事なの?

左サイド、つまりフォロースルー側のことです。大事かどうか言われると、球が全てと考えてしまえば左サイドが詰まっていようがナイスショットを連発できるのならそのままでも良いでしょう。とは言え、左サイドに十分な腕が抜けるスペースがないと急激なスイング軌道の変化が生まれやすく、実際のところあまり球筋は安定しません。ですからフォロースルーの抜けどころやその形って実はとても大事なのです。

左サイドが詰まると、腕がしっかり伸びて行かないので急激に腕が折りたたまれてフェース面が返ってしまったりスイング軌道が急激にインサイド方向へ変化したりするので、フック、ヒッカケ、トップ、スライス等これらすべてが出得るのです。

左サイドの詰まりを治す運動イメージ

左サイドの重要性が分かったところで、次にその原因についてお話します。基本的な原因は腕でクラブを振ってしまっていたり、体幹が左に寄っていることです。腕ばかり使うと体の向きが変わりませんから、腕は体の左横へズレていきます。するとどこかの地点で右手が伸びきってしまうので代わりに左腕が曲がっていくのです。また、左に体が動くとグリップに自分が近づいてしまうので、距離が余るので腕が曲がります。

これらのエラーを治すには腕の力を抜いて重いものを持ち、ダランダランと揺さぶるようなイメージが1つ。もう1つはダウンスイングで右脚と左脚が入れ替わるような動きをすることです。イメージとしては竹とんぼを回す時の手の動きです!こればっかりは文字だけですとわかりにくいと思いますので・・・

それでは是非動画をご覧ください!!

前の記事

TACOBASE作業報告4/22

次の記事

TACOBASE作業報告5/3