【新着動画】左足の踏み込み強化は右足からやってみよう

4月1日(木):新着動画を公開しました!!

左足の踏み込みが強いのはプロゴルファーの共通点

プロゴルファーはインパクトからフォローにかけて鋭く振り抜くにあたって、自分の体重の倍以上の力が地面にかかっていることがわかっています。これはスイングカタリストという地面反力を計測することができる機械による統計として実際に確認されています。昔からも左足へ踏み込むことの重要性は伝えられていましたが、それが本当だったことが最近は照明されたということでしょう。

左足を踏み込むには?

左足を踏み込む感覚を得るために、さまざまなレッスンが存在します。例えば切り返しでバンプという腰を少し横へ動かすことや、ダウンスイング中にスクワットするような体勢に入るとかが代表的です。しかし、スイングというのは一瞬の出来事、特にダウンスイングはバックスイングの何倍ものスピードで行われるので、その短い時間の中で左足を踏む体勢を作るのはとても難しいのです。事実、私も利き足が右脚なので先ほど挙げたやり方では全然踏み込むことができず、むしろ左サイドのスウェイを誘発してしまっていました。

実は右足を使えばよかった!

せっかく右足が強いのだから、右足を使ってもいい方法はないだろうか?と考えた末・・・実は見つけてしまったんです!簡単に言うと、ダウンスイングで右脚は目いっぱい蹴って大丈夫。その代わり、自分の軸が動かないように注意するだけ。なぜこれで良いのかについては動画で詳しく解説しています!

それでは是非動画をご覧ください!!

前の記事

TACOBASE作業報告3/29

次の記事

TACOBASE作業報告4/2